FC2ブログ

固定表示スペース

お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


PSO2 Another Person's Story-CHAPTER 3-2

登場人物についてはこちら
次→no_text

CHAPTER 3-2

 雨宿りをしていたイヴとシーザーの前に突如として現れた、アークス兼研究部の所属であるという謎の男。彼は何故かイヴを連れ戻そうとしているのだが、当の本人はかような男に全く心当たりがない。故にイヴは問いかけずにはいられなかった。

「なぜわたしの事を知っているんですか? それに連れ戻すって、まるでわたしがあなたの元にいたかのような言い方ですね」
「一緒にいたから、知っているんじゃあないか。もっとも……それも十年前の話だけどね」
続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

PSO2 Another Person's Story-CHAPTER 3-1

登場人物についてはこちら

CHAPTER 3-1

 イヴの育ての親・レイジの店で朝食を済ませたレイナたちは程なくしてアークスロビーへと戻った。そこでイヴが何やらモジモジしつつ、レイナに声をかけた。

「……あの。これから肩慣らしも兼ねて……に、任務に行こうと、思うんですけど……一緒にどうですか?」

 なぜが顔を赤らめながら上目遣いで言われ、レイナの心はとてつもなくときめいた。まるで小動物のような可愛らしさに是非とも同行させてほしいと断言したいところではあったのだが、しかしすでに今日の予定は決まっていたのだ。

「せっかくだけど、今日はダーカーの反応が少ないエリアに行ってみるよ。昨日の事……何かわかるかもしれないから。ごめんね」
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

PSO2 APS「レイナのサブキャラ紹介!」

レイナのサブキャラ紹介!

はろはろ~! レイナでーす!
これからはこういった解説コーナーは別記事にしてあげていくからよろしくぅ! 今回はあたしが、CHAPTER2に出てきたサブキャラの紹介をさせてもらうよ~。
イヴちゃんは……もうやりたくないそうです。
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

PSO2 Another Person's Story-CHAPTER 2-2

登場人物についてはこちら

CHAPTER 2-2

「助けられるだけじゃなくて、誰かの助けになりたい……か」

 そういう事を、レイナは今まで考えていなかった気がする。
 最初にアークスになりたいと言った時に両親から反対されたのが悔しくて、絶対にアークスになって生き延びてみせるという意地だけで今日まで過ごしてきた。そんな彼女にとって、アークスというのは目指すべき目標でしかなかったのだ。
 しかしアークスとは、元よりダーカーを滅ぼして宇宙の平穏を取り戻すために存在。セツナの考えは至極正しいものだと感じた。

「ボクらがダーカーを倒せば、それだけ助けになる人がいるんだよ」
「そっか。そういう考え方も……あるんだね」
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

PSO2 Another Person's Story-CHAPTER 2-1

登場人物についてはこちら

CHAPTER 2-1

 波乱の認定試験を終え、アークスロビーを見て回ったあと、疲れてマイルームへと戻ってい行ったイヴ。残ったレイナとセツナは、腹ごしらえに市街地へと降りていった。
 適当な飲食店に入店して、席について一息つく。

「アークスロビーにも飲食店があれば良いんだけどなぁ」
「確かに、いちいち市街地に降りるのって面倒だよね。ショップエリアに売ってるレーションは不味いっていうし」
「うげえ……どうせなら美味しいものが食べたいよねー」

 つぶやきつつ、メニューを手にとって数秒眺めたあと、とりあえず生ビール的な感じで店員を呼んで十品ほどを注文するレイナ。思いもよらぬ行動でセツナは呆気にとられてしまう。その内容はボリューミーなものから、小皿程度のものまで様々。とても一人で食べる量ではないように見える。
 もしかしたら自分の分も注文したのではないかという可能性を考慮して、問いかける。

「そ、それって……一人で食べるんじゃ、ないよね……?」
「え? いやいや、まさかー」
「あ、そ……そうだよね。あはは」
「一人で食べるに決まってるじゃん!」
「ええー……」
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。